スピーキング2

スピーキングの目標は、「短くシンプルな英語を自分のペースで作りだすこと」です。ネイティブでも無いのに、長い文章を流暢に話す必要は全くありません。

 

コミュニケーションとしては、言いたい事の「核」となる60%くらいが相手に伝わればだいたいOKです。それを踏まえると、英語を話すときのステップは次のようになります。

 

 1.言いたい事が頭に浮かびます。(まだ言葉にはしません)

 2.落ち着いて、言いたい事の「核」を考えます。  

 3.「核」を頭の中でシンプルにします。  

 4.シンプルにすれば、自分の英文ストックで置き換えが可能になります。  

 5.英文ストックを若干アレンジして、「自分のペース」で口にします。


「自分のペースで話す事」と「本当に言いたい事=核」は何なのかを意識するとコミュニケーションの成功率は飛躍的に上がります。流暢さではなく、自分のペースでポンポンと言えるように練習してください。

 

 

EGAピラミッド(言語の壁)