スピーキング1

日本人は英語を中学・高校で6年間も勉強していますが、それだけで話せるようになる人はほとんどいません。それは英語教育が悪いからではありません。「日本人が」英語を話せるようになるためには、話すための練習(トレーニング)が必要です。

 

ヨーロッパ系の人たちは比較的容易に英語を習得します。それは言語的に英語と近い母国語を持っているからです。そして残念ながら日本語は、英語から最も遠い部類の言語にあたります。そのために、他の国の人たちよりも多くの時間がかかる事は当然です。

 

しかし、一方で基礎レベルの英語であれば中学校で習います。仮に高校で「中学英語の話し方」だけを教える授業を3年間実践すれば、ほとんどの日本人は簡単なコミュニケーションは可能になるはずです。残念ながらそのような学校はほとんど無いですし、その授業をできる先生もいません。

 

それ故に、国内英会話スクールや海外語学学校があります。ただし英会話スクールでは、「話すトレーニング」に重きを置いていますが、「英語に触れること」レベルで満足しているケースがほとんどです。また語学学校では、日本人に足りない「話すトレーニング」というよりも「中学英語の英語版」のような授業がされているのが実態です。

 

それでは、日本国内での「英会話のトレーニング」ですが、基本的には「英語を書くトレーニング」がまず第一だと考えます。ゆっくりでも良いので書いてみます。そうすると、自分が言いたい(書きたい)ことの表現が「全く出てこない」ことに愕然とすると思います。それらの表現をコツコツと増やしてゆく事が、会話力の向上に直結します。メールやチャットなどでスラスラと書けるようになれば、あとは少しの会話実践経験でペラペラと話せるようになります。