インド留学の荷造り

基本は「汚れてもOK」「壊れてもOK」「捨ててもOK」なもので「少なめ」に荷造りすることを心がけてください。飛行機に預ける荷物は通常20kgまでです。重量超過料金は数万円する場合もあります。


1.貴重品 <必ず持参するもの>

・パスポート    :何よりも大切です。

・航空券      :Eチケットの場合は印刷しておきます。

・キャッシュカード :海外対応カードであれば、ATMから引き出せます。

・クレジットカード :非常用、キャッシング用、旅行保険用として一枚。

・現金       :食費やお土産代など。日本円をインドの空港や街で両替します。

・学校の書類    :入学許可書等(学生ビザの場合)

・各種コピー    :貴重品紛失に備えて、番号や連絡先をコピーしておきます。

 

2.勉強用具 <インドでは入手ができないもの>

・電子辞書   :英英辞典が入っているものが良いです。

・参考書等   :日本語の文法書、単語帳などがお勧めです。

 

3.日用品 <インドでも入手可能なもの>

・筆記用具   :ノート、ペンなど。

・洗面用具   :歯ブラシ、髭剃り、爪切り、耳かき、コンタクト洗浄液など。

・靴類     :履きなれた靴。普段はサンダルでもOK。

・衣類     :夏服、長袖、寝間着、帽子など。

・薬類     :常備薬(胃腸薬、風邪薬、下痢止め)、目薬など。

・女性用品   :化粧品などはインドで肌に合うものを探すのは大変です。

 

4.電化製品 <あれば便利なもの>

・変換プラグ  :日本製品使用時に必要です。(B3タイプ)

・変圧器    :アダプタ無し製品は、インド(220V)では変圧必要です。

・携帯電話   :グローバル対応機種(スマホ等)なら使用可能です。

・音楽デバイス :iPodやスマホ。勉強に役立ちます。

・カメラ    :海外では盗まれやすい、壊れやすいので注意してください。

・ノートPC  :近所にインターネットカフェやWiFiスポットはあります。

・時計     :デジタル腕時計などはアラームにもなります。

※スマートフォンは変圧不要ですので、変換プラグさえあれば上の全てのデバイスの代わりとして役立ちます。 

 

5.その他 <日本的なもの>

・日本食    :海苔、味噌汁、梅干しなど。

・ガイドブック :地球の歩き方など、何かと便利です。

 

6.カバン <用途に合わせて2~3種類くらい>

・スーツケース :鍵が掛けられるので安心できます。

・小カバン   :飛行機内や外出用に欲しいところです。

・リュック   :小旅行用にあると便利です。

・バックパック :中~長期旅行用。スーツケースの変わりにもなります。