航空券の見つけ方

1.航空券の種類

①往復チケットは、最も一般的なタイプです。但し、往復期限が1ヶ月以上のチケットは少ないです。名古屋発のフィリピン航空には3ヶ月FIXの航空券もあります。

 

②片道チケットは、復路の日程が未定の場合や、往復で良いチケットが見つからない場合などに使えます。但し、往復チケットと値段が変わらない場合や、逆に高い場合もあります。また当然ですが、インドで復路チケットの購入が必要です。

 

③往復チケットでも片道チケットでも良いものが見つからない場合は、安い往復チケットで往路だけ搭乗して復路を破棄するという方法もあります。この場合も、インドで復路用チケットの購入が必要です。

 

 

2.格安航空券の検索サイト (参考)

エクスペディア・・・予約確認までスムーズにできます。


スカイスキャナー・・・予約確認までスムーズにできます。


Yahoo!トラベル・・・空席照会できるものが少なめです。


楽天トラベル・・・空席照会できますが、件数は少なめです。


トラベルコちゃん・・・空席照会できるものもあり、日系では件数が多めです。


HIS・・・往復の日程が調整しやすいシステムです。

 

 

3.参考情報

昨今、飛行機の燃料代が高騰しています。燃料代、空港税込みの値段で比較してください。航空券の価格は、年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みを中心に高騰します。また、出発の曜日によっても航空券代が大きく異なることもあります。


最寄りの空港からの航空券が見つからない場合には、成田や関空に新幹線などで移動して、そこから飛行機に乗る方法もあります。トータルの費用や時間が抑えられる可能性もあります。


乗り継ぎ便の場合に、海外の空港で乗り継ぎが発生します。例えば中国経由の場合、乗り換えが非常に面倒な空港が多いです。フィリピン経由の場合は、空港設備が貧弱なためあまり快適ではありません。

 

日程に余裕があれば、乗り継ぎ地でストップオーバーして数日滞在することもできます。その場合は、航空券代が少しアップします。