◆英語の「はじめの一歩」◆

 

 

英語の勉強が多くの人にとって難しい理由は、英語が見えないからです。

多くの日本人は、この見えない敵に苦戦しています。

この戦いでは敵もはっきりしなければ、自分の力もぼんやりしています。
これでは始めから勝ち目は無いに等しいと言わざるを得ません。
運よく勝てる人は、たまたま良い先生に出会えた人、

または最初から英語の才があった人に限られているというのが実状です。

戦いに勝つためには、まず敵と己を目に見えるようにし「認識」することが
必要です。
それは「英語学習」に関係する諸条件を明らかにすることです。

◆英語を勉強する前に明確にすべき諸条件◆
 ・(目的)何のために英語が必要なのか
 ・(目標レベル)どのレベルの英語力を目指すのか
 ・(現状レベル)今の自分の実力はどれくらいか
 ・(必要技能)自分に必要な能力は何か
 ・(必要英語)どのような種類の英語が必要か
 ・(勉強方法)トレーニング方法は
 ・(勉強期間)トレーニング期間は
 ・(勉強時間)トレーニング時間は
 ・(予算)トレーニング予算は
 ・(得意科目)自分が得意とする技は

これらを表にして、各項目の主な選択肢を表にしました。

 (クリックすると拡大します)

 

 

少し粗い区分けですが、これくらいは勉強前に明確にする必要があります。
逆にこれらの目的・目標がはっきりと定義できないのであれば、

勉強は失敗に終わる可能性が高いと言わざるを得ません。

この表には、正解のパターンというものはありません。
ただし、失敗のパターンというものはあります。

<NGパターン例>
 ・(目的)趣味 ⇒ 目的としては弱い
 ・(目標レベル)ネイティブ ⇒ かなり難しい
 ・(現状レベル)ほぼゼロ ⇒ かなり時間が必要
 ・(必要技能)話す ⇒ これがはっきりしていることは良い
 ・(必要英語)ブリテッシュ ⇒ こだわると失敗する
 ・(勉強方法)語学学校 ⇒ 語学学校だけでは不十分
 ・(勉強期間)~3ヶ月 ⇒ 最低1年以上は欲しい
 ・(勉強時間)~30分/日 ⇒ 最低2時間/日は欲しい
 ・(予算)~25万円 ⇒ 十分
 ・(得意科目)美術 ⇒ OK

この表により、諸条件を明確にし「無理が無い」ことを確認できます。
また「無理」が見つかれば、それが「課題」になります。
その「課題」を認識すれば、何がしかの手を打つことが可能です。
そうすることで、無謀な失敗をするリスクを減らすことができます。

語学学校や語学講師はこの作業を助けるためにあるべきです。
そして、各生徒に合わせた学習アドバイスをすることこそが最も重要
な仕事であると私は考えています。